グーグルが望む高品質記事が書けるようになるまでの実践記【2020.7.6】

どうも!かつです。

今は高品質記事を書けるように日々奮闘しています!

この記事では高品質記事を書けるようにするための日々の実践記をPDCA形式で書いています。

参考になれば幸いです。

高品質記事を書くためのプラン【Plan】

グーグルの検索順位は価値の低い低品質な記事の順位を下げて、高品質な記事を順位をあげるようにされています。
なので、検索順位を上げたければ高品質な記事を書けるように努力し続けることが必須になると思いました。

で、高品質な記事を書けるようになるにどうしたらいいのか。。

今回は一部ですがプランを立ててみました。

グーグルでは価値のないまとめサイトなどはユーザーが深いに感じることなので評価していないそうです。

様々なサイトからコンテンツを集める。

それ自体はまったく問題ないとのこと。

ただ、質の低い記事やニュースから情報を引っ張ってきりすだけでまとめると低品質になる。

また、狙ったキーワードを検索したときに、私の記事が他のサイトの記事とあまり変わらないようであれば価値を与えられていないことになるので、低品質になる可能性がある。

これらの対策としては、、

①信頼性あるコンテンツから情報をあつめてくる。そして、価値を付加するために自分なりの感想、洞察、調査を付加しオリジナリティを出す。

②狙ったキーワードのランキングの一覧を見て、他のサイトと情報が同じにならないようにする。

高品質記事を書くための行動【Do】

それらを踏まえて私が行動すること、まず①。

ネット記事であっても信頼性のあるところからコンテンツを集めてくる。

引用、出典の明記、リンクはちゃんとする。

信頼性のサイトへ発リンクすることでグーグルに信頼性のあるところから情報を引用していることを知らせる。

また、それだけでは付加価値にならないので、独自の感動、洞察、推測、調査を必ず書かなければならない。

また、エビデンスがあれば掲載することで内容に信頼性が生まれる。

つづいて②。

狙ったキーワードのランキングに掲載されているサイトの内容を調査する。

そして、私が書く記事にはそれらの記事内容と被らないようにする。ただし、事実については変えることはできないので、そこはかぶっても問題ないと思う。

意味は同じでも表現方法を変えるなどしたりして工夫する。

独自の見解や推測、洞察、調査・経験について盛り込む。そこは他サイトとかぶらないようにする。

高品質記事を書くための評価【Check】

まだ書いていない。

高品質記事を書くための改善【Act】

まだ書いていない。

最後に。

今回は、高品質記事を書くための日々の実践記をPDCA形式で書きました。

グーグルは他人のサイト記事内容にただ手を加えただけの記事は「独自」でないと言っています。

コンテンツを補助するために、事実的な内容などはどうしても他サイトとは同じになりますが、オリジナリティーを出す部分において、独自の見解、推測、洞察、感想、調査、経験などを多く盛り込まないといけない。

つまり、この件についてあなたはどう思ったのか?を深く追求し、なおかつ読者の役に立たないといけない。

また、その狙ったキーワードで他サイトとの差別化をするためにはどうしたらいいのかを考えることも重要。

まだまだ先は長いな。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA