グーグルアドセンス審査が合格するまでの実践記【2020.7.1】

グーグルアドセンス審査が合格までの実践記

どうも!かつです。

今はアドセンス申請合格のために日々奮闘しています!

この記事ではグーグルアドセンス申請合格するための日々の実践記をPDCA形式で書いています。

参考になれば幸いです。

アドセンス審査合格のためのプラン【Plan】

アドセンスを申請して合格をもらうためにまず行ったプランは、オリジナリティーな記事を出すこと。

単にまとめ記事だったり他のコンテンツから寄せ集めた合成記事では申請に通らないことが分かりました。

理由は、アドセンスポリシーガイドに記載のとおり、コピーコンテンツはダメと明記してあるからです。

ということは、自分が体験したことや感想などの記事をメインコンテンツとして書けばいいと仮説をたてました。

アドセンス審査合格のための実行【do】

記事を大量にかけばいいということはないと判断しました。

理由は、クオリティーも重要視しているからです。なので、作戦としては1記事5000文字程度のコンテンツを3記事書くことにしました。

内容は、自分が体験したことで、ユーザーも困るだろうなーって思うことをドバッと書き上げました。

アドセンス申請した時点での記事数は3記事。

1記事あたり5000文字程度。

メインコンテンツとしてはユーザーとの需要の一致【needs met】の部分。

タイトルに対して即答えを出す感じで書きました。

あとは、補助コンテンツ。

メインコンテンツをコンテンツや、関連性の高いコンテンツを補助コンテンツとして追加。

信頼性や品質を向上させる【ページクオリティ】の部分は、オリジナルの画像を使いました。この部分はフリー画像でもよいと思いましたが、すでに5回以上もアドセンス審査に落ちてる分、徹底的にしました。。

【ユーザーリビティ】については、スマホ対応のテンプレを使ってるので問題なし。

アドセンス審査合格のための評価【check】

申請から数日で、メールがきました。

結果は、ダメでした・・・

なぜ?って思いましたが、原因は書いてないんですねー。なので、自分で探すしかありません。

アドセンス審査合格のための改善【act】

うーん、ちょっと原因が分からないため、アドセンスポリシーセンターの内容や品質プログラムをもう一度勉強しなおしです。

改善案が浮かんだらまた記事を投稿します。

最後に。

今回は、グーグルアドセンス申請合格するための日々の実践記をPDCA形式で書きました。

最近のグーグルアドセンスの難易度は飛躍的にアップしています。ただ逆を言えば検索エンジンの本家であるグーグルがわざわざ記事を添削してくれてるので、今後の記事作成にとってとても練習になるものだと思います。

かなりきついですが・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA